Scientific life

Make it happy with science!


Leave a comment

名古屋

AMEDの班会議に行くために、先日初めて名古屋に行ってきました。

今年度から研究協力者になっていて、進捗状況を発表してきましたが、僕が分担しているのは研究ではなくて、診断室の設立です。教授から依頼されて仕方なく引き受けている多くの仕事の一つです。八事のサーウェストンホテルのブライダルルームで偉い先生方と一緒にいると、いるだけで気疲れする。泊まってもいいのですが、次の日は平日なので、日帰りで強行してきました。前回も高級ホテルのブライダルルームでしたが、お金の使い方間違っていると思う。班員には分担金が回ってきますが、研究分担者である教授に回ってくるので、僕が使えるわけではありません。僕の研究費は枯渇して、春までに4つの機関に助成金を申し込みます。その一つは国外の研究室で研究をする際に生活費に充てることができる助成金です。次の助成金を取るまでは教授に研究費を借りざるをえない。どこに行っても自分でお金を取れなければ生きていけない。先月参加した国際研修で、次のポジションを得たいと考えている3つの研究室のPIに接することができました。一番の目当てであったオランダのPIからは、生活費だけでなく研究費を一緒に持ってこなければ迎えられないと言われました。英国のPIからは今は追加のスタッフを雇う資金がないが、もし獲得できれば迎えられるかもしれないと言われました。最後のアメリカのPIからは前向きな返事をもらえました。外国の機関で研究を認める助成金は異動先のPIの事前承認が必要ですが、その承認をして、限られた助成金でも取ることができれば、何らかのポジションを作れるだろうという返事をいただきました。今年、今の研究室での研究の区切りをつけられるよう、できるだけの研究をします。その一方で、今年から臨床検査技師学校の講義も担当することになり、ここに居続ければ、もはや自分の研究ができる時間がなくなることが、ますます確実になっています。

名古屋への行きも帰りも助成金の申請書を書いていました。

Advertisements