Scientific life

Make it happy with science!


Leave a comment

childhood in the country

幼い頃の生活をたびたび思い出す。

少なくとも東京より長崎は子育てに適している。家庭あたりの子どもの数は多く、保育園の待機園児問題もほとんどない。なにより、コンクリートに固められた建物がひしめく雑踏とした都会の中では、子どもがのびのび育つ環境は見つけにくい。長崎は海がきれいで、食がおいしい。少し車に乗れば、自然豊かなピクニックが楽しめる。

僕が育った静岡よりも、子ども達はのびのび育っているように見える。犯罪や非行も少ない印象を受ける。

Advertisements