Scientific life

Make it happy with science!


Leave a comment

体外診断薬承認過程

診療科は製薬会社から新薬の治験を依頼されますが、検査部は検査試薬や検査機器の評価を依頼される。僕は3社から委託を受けていて、これに学生の教育と臨床検査医の仕事が加わると、本業だと思っている自分の研究をする時間の確保が難しくなる。特に委託会社から頻回の要求を受けると、現場の事情を知らずに命令するなと言いたくなる。

Advertisements


Leave a comment

Eczema herpeticum

アレルギー性皮膚炎は遺伝するようで、穂高が昨日入院した。
症状からウイルス感染が考えられたが、カポジ水痘様発疹症はわからなかった。
かかりつけの小児科医の診断は正しく、幸い連休前の昨日に診察できたので、すぐにアシクロビルを開始することができた。合併症を起こさずに早く治ってほしい。採血と点滴をする度に号泣するので、痛ましいが、仕方ない。小児科医の困難も痛感する。
アレルギー性皮膚炎の原因遺伝子は遺伝解析で絞ることができるのではないだろうか。

二年ぶりのオランダ

Leave a comment

二年ぶりのオランダ

二年毎にオランダで開催される学会を理由にオランダへ飛んだ。
就航開始してまもない福岡ーアムステルダム直行便を利用したかったが、予定が合わず、仁川経由。長旅はやはりきつい。学会は特記すべきことないが、Scheveningenの滞在は良かった。
しかし、滞在中に論文Rejectの報告を受け、ショックを受けつつもNKIの前のボスに別のPIを紹介してもらい、直前にアポイントをとって助言を受けることができた。行動が大切。
アムステルダムで旧友と再会。残念ながら日本の友人と会う時間はなかった。